監督からのメッセージ

監督からのメッセージ

本校野球部は「育成」に力を入れています。
まず、生徒の発達段階に合った「体つくり」をしていきます。目的、意識をはっきりさせてから行います。
体つくりの段階として、特に1~8を重視しています。

  1. 姿勢(体の姿勢、取り組み方)
  2. 筋力トレーニング(ウエイトトレーニング)
  3. 柔軟性トレーニング(ストレッチトレーニング)
  4. 心肺機能トレーニング(ランニング)
  5. スピードトレーニング(ダッシュ)
  6. パワートレーニング(ジャンプ、メディシンボール)
  7. 正しい動きづくり(姿勢つくり、ランニングフォーム)
  8. 野球の基本動作(投げる、打つ、捕る、走る)
  9. 戦術※
  10. 試合※

私は、よく言われる「センス」とは何かを考えます。よく「センスがない」と言われた経験がある選手も多いと思いますが、私は「センス」を作りたいと思っています。
やはり1~8が向上していく選手は試合でも活躍していきます。
「センスがない」と言われる選手は1~8がアンバランスな選手が多いです。
本校野球部は1~8を徹底して行い、9,10に繋げて行きます。

野球部3年間だけが人生ではなく、これから(卒業後)も大切です。
本校野球部も最終的には学校成績が良い部員が試合に出る傾向があります。
それは、常日頃から言っていることの理解する能力が高いと考えます。
野球を上達するためにも、勉強面もしっかり取り組み、「考える習慣」をつけます。

チーム理念

  • 全力疾走
    (誰でも出来ることに対して決して手を抜かないということ)
  • 社会に通じる人格形成
    (挨拶、礼儀、謙虚な姿勢)
  • 文武両道
    (一人の学生、生徒である)

チーム目標

  • 甲子園出場
ページトップへ